債務整理

債務整理とは?

債務整理とは?

債務整理という言葉をよく耳にするかと思いますが、イマイチ意味がわからないと思います。そんな債務整理についてわかりやすく説明します。

債務整理とは、「債務」の整理のことです。つまり借金を整理する方法のことです。借金を整理する方法にはいくつか方法があります。そんな借金を整理するいくつかの方法をまとめて債務整理といいます。

債務整理の種類

債務整理、つまり借金を整理する方法には以下のような方法があります。

 

・自己破産
・個人再生
・任意整理

 

などがあります。この中でも特に法律事務所などに頼ると、自己破産しかなく、悪いイメージしかないかと思いますが、自己破産=債務整理ではありません。
自己破産は債務整理の一つでしかありませんので、勘違いしないようにしましょう。

債務整理をひとつずつ説明します!

それでは、債務整理の中の任意整理、個人再生、自己破産についてご紹介します。さらに債務整理の中には最近話題の過払い金請求もあるのでご説明します。

任意整理

任意整理とは借金がどうしても支払うのが難しくなったときに、専門家が、お金を借りた金融機関へ、借金を減らしたり、分割支払いにするように交渉してくれます。任意整理によって、借金の総額が減ったり、月々の借金の返済をへらすことによって、借金の完済を目指します。

個人再生

個人再生とは裁判所にて、手続きをします。そして、借金を減額します。 この借金は、原則3年で返済していきます。 しかも、自分の資産、特に住宅を残したまま整理することが可能になります。

自己破産

自己破産は、今ある借金を全て解決できる方法です。借金を返すことができない状態であると裁判所が判断すれば、破産宣告をうけます。さらに、浪費をしていなければ、裁判所が免責といって借金を支払わなくてもよくなります。
しかし、自分に資産がある場合はなくなる可能性もあるので注意しましょう。

過払い金返還請求

よくテレビコマーシャルでもよく耳にしますが、過払い金とは、払いすぎた利息のことです。消費者金融が違法な金利でお金を貸しているため、払いすぎた利息がかえってきます。返しても返しても終わらない借金はこの過払い金が発生していることがあるので、すぐに専門家に相談し、過払い金請求をしましょう。

債務整理のまとめ

この説明した4つが主に債務整理と呼ばれる借金の整理方法になっております。
債務整理には、メリットとデメリットがあります。
毎日借金のことで、つらい思いをするよりも専門家に相談して、債務整理をすることで、借金の負担も精神的負担も減らすことができます。
債務整理をしっかりと理解して、借金問題を解決してくださいね。