ブラックリスト

債務整理するとブラックリストに登録されてしまいますか?

債務整理するとブラックリストに登録されてしまいますか?

債務整理をして一番の悩みどころとなるのが、ブラックリストに登録されてしまう?という点。債務整理には、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

「ブラックリスト」とは?

債務整理をすると載ってしまうと言われているのが、「ブラックリスト」。詳しくは信用情報機関に債務整理をしたという情報が登録され、借り入れができなくなることを指します。また、そもそも「ブラックリスト」というリストが存在しているわけではありません。

「ブラックリスト」に載るとどうなる?

債務整理をした人が新規の借り入れを貸金業者に申し込んだ場合、業者は信用情報内容確認を行います。そして登録内容を確認し、貸付に関する判断を下します。通常は、貸付できないという判断になることが多くみられます。また、情報が登録された時点で、現在利用しているカード類についても使用できなくなる場合があります。

絶対クレジットカードが作れないケース

では、債務整理をした人が絶対クレジットカードを作れないケースは以下です。
A社で債務整理を行った場合、A社でまた新たに契約することはまず不可能です。A社に迷惑をかけたペナルティと考えても差し支えないかもしれません。
また、そのほかの会社に申し込んだとして絶対に作れないのか否かというと、断言できない部分でもあります。というのも、法律上の規制は無く、あくまで「カード会社の判断」に委ねられている事情である点がその理由になります。

クレジットカードが作れるケース

では、クレジットカードが作れるのはどのようなケースなのでしょうか?
確実に作れるカード会社やカードの種類というものは残念ながら存在していません。しかし、カード取得においては難易度というものが存在しています。その順番はというと、以下の順であるというのが一般論です。
銀行系・独立系>信販系>流通系>消費者金融系
そのため、もし債務整理を済ませた人がまた新たにクレジットカードを持ちたい場合、まずは難易度が低いとされている、消費者金融系のカード業者への申し込みから始めてみることが得策だと言えるでしょう。その後は利用実績を重ね、より難易度の高いカードへとチャレンジしていけば良いのです。
また、最近はデポジットタイプのカードというものも存在しています。クレジット機能はないカードになりますが、ある一定金額をあらかじめカードに入れておき(デポジット)、利用代金は毎月銀行口座から引き落としがなされるという使い方のカードです。このタイプのカードだと、債務整理した人でも比較的持ちやすいとされています。