個人再生

個人再生とは?

個人再生とは?

借金を解決する方法にはいくつかの方法があります。その中でも個人再生についてわかりやすく説明します。

個人再生とは?

個人再生とは、裁判所での手続きが必要な借金の解決方法です。借金の額を減らすことを目的とした借金解決の方法です。
なぜ、個人再生と呼ばれているかというと、借金額を減らすことによって、借金問題に悩んでいる人を再生できるからです。そのため、個人再生と呼ばれています。

個人再生の特徴は?

個人再生の一番の特徴は、なんと『住宅を守ること』ができるということです。
自己破産では、住宅までなくなってしまいますが、個人再生では、住宅を守れ、しかも、借金も減らすことができます。

どうして住宅を守ることができるの?

どうして個人再生で住宅を守ることができるのかというと、個人再生の手続きの中に、『住宅ローン特則』という手続きがあるからです。これは、住宅ローン特則を使うことによって、自己破産ではなくなってしまう、住宅を守ったまま、ほかの借金を減らすことができます。
ただし、住宅ローンを減らすことはできません。住宅ローンは、しっかりと支払いをしなくてはいけません。
個人再生とは、一部の借金を減らすことができるということ
個人再生とは、つまり、借金の一部を減らすことができることです。自己破産は、すべて借金がなくなりますが、個人再生は一部の借金の減額されるので、住宅を守ることができます。

個人再生のメリット

個人再生の大きなメリットは、やはり住宅を守ることができることです。さらに、個人再生では、なんと、住宅ローン以外の借金が五分の一となるため、金額的にも、精神的に負担が大きかった借金も必ず楽になります。

個人再生のデメリット

個人再生のデメリットとして、数年間、借金をすることができません。いわゆるブラックリストに登録されてしまいます。さらに、国が発行している機関紙である官報に名前がでます。ですが、初めて官報というものが発行されていると知る人もいるくらい、一般の人が官報を見る機会はないので、あまり心配する必要はありません。
そして、個人再生は、その手続きが非常に難しいです。したがって、弁護士や司法書士など専門家に依頼しないと、個人再生はまず、個人がやることはできません。個人再生を検討している場合は、まずは専門家の無料相談がおすすめです。
借金問題は金銭的にも、精神的負担も大きいです。ですが、弁護士や司法書士に相談すれば家を守ったまま、借金問題を解決することができます。まずは個人再生についてしっかりと相談することからはじめましょう。